シャルル・ガイヤール・ヴァイオリン、パリ 1853年

シャルル・ガイヤール・ヴァイオリン、パリ 1853年

19世紀のフランスのヴァイオリン製作はヴュイヨーム商会に独占されてきたが、この時代にはより美しく、より個性的な作品を製作した製作家が数多くいた。シャルル・ガイヤールもその一人で、これは光沢のあるニスと傑出したコンサート・トーンを持つ素晴らしい作例である。
もっと詳しく...

ピエール・シモン チェロ弓、パリ 1860年頃

ピエール・シモン チェロ弓、パリ 1860年頃

ピエール・シモンは19世紀半ばの偉大な弓製作者の一人で、ドミニク・ペカットやジョセフ・アンリと密接な関係を持ちながら、彼独自の手法で製作を行っています。シモンの弓は、その堅牢さと機敏さを併せ持つことから、所有者の間でかなり狂信的な信仰を集めています。
もっと詳しく...

JAラミー・ヴァイオリン弓、パリ、1900年頃

JAラミー・ヴァイオリン弓、パリ、1900年頃

JAラミーの美しいヴァイオリン弓がオリジナル・コンディションで入荷しました。ポリッシュされていないシルバー、オリジナルのティンセル・ラッピング、サムレザー、アイボリーのフェース。作られたその日のように新鮮で、重厚な響きを持つ力強いスティックです。
もっと詳しく...

他のトップレベルの弓の調達

お探しのものが見つからない場合は、ご連絡ください。私たちはいくつかのユニークなコレクションにアクセスすることができ、FX Tourteを含むすべての価格帯で最高の例を調達することができます。

投資助言および仲介

もしお探しのものが当社のウェブサイトに掲載されていなくても、お役に立てるかもしれません。また、グァダニーニ、ベルゴンツィ、グァルネリといった楽器のブローカーとしても活動しています。

EA オシャール・ヴァイオリン弓、パリ、1940年頃

EA オシャール・ヴァイオリン弓、パリ、1940年頃

エミール・オーギュスト・ウシャールは、サルトリーに匹敵する人気を持つ唯一の20世紀のメーカーです。ここでは、オリジナルの特徴をすべて残した1930年代後半のちょっと特別な弓をご紹介します。プレーヤーの弓としても傑出している。
もっと詳しく...

ジュール・フェティック ヴィオラ弓、パリ 1918年頃

ジュール・フェティック ヴィオラ弓、パリ 1918年頃

本品は、オリジナルのティンセル・ラッピングとアイボリー・フェイスを備えた、新品同様のコンディションの希少なジュール・フェティックのヴィオラ弓です。ユニークなコレクターズアイテムであるだけでなく、素晴らしい演奏性を持つ強力なスティックです。
もっと詳しく...

ユリウス・フビチカ ヴァイオリン、プラハ 1943年

ユリウス・フビチカ ヴァイオリン、プラハ 1943年

これは、20世紀初頭の非常に生産性の高い、しかし気の遠くなるような一貫性のない製作者であるJulius Hubičkaの作品の例外的な例である。このバイオリンは、素晴らしい音、素晴らしい状態、素晴らしい価格という、すべての条件を満たしています。
もっと詳しく...