写真インデックスへスキップ

W "ボウの不思議なケース

WE Hill and Sonsの弓製作者

弓を売るのは、外から見れば、丸太から落ちるよりむしろ簡単そうに見えるかもしれませんが、実際には、買い手にはそれぞれ独自のこだわりがあるのです。

音楽家の「弓は硬いが硬すぎず、先が重くなく先が軽くなく、グリップが効くが硬くない」という要求もあれば、コレクターの「弓は未使用だが音楽的価値がある」「ラッピングはオリジナルのティンセルだが重さは現代の基準に合っている」という期待、特定のメーカーに対する奇妙で説明しがたい偏見、名前の発音が簡単なメーカーの弓に対する明確な好みなどなど・・。

このような様々なハードルを乗り越え、買い手がその弓を気に入ったと判断したら、今度はディーラーが、今まで隠れていたけれど、セカンドオピニオンを提供するという明確な目的のために集まってきた人々の軍隊と戦わなければなりません。ライバルディーラー、信頼できる修復家、デスクパートナーやカルテットの同僚、配偶者...すべての人が意見を言うでしょう。音痴だと言っている買い手の親しい友人も、意見を言うだろう。

あるとき、私は自分のストライクレートが悪いと感じ始め、1本の弓を売る前に非常に多くの弓を見せていると思うようになりました。私の経験が普通なのか、それとも特別に厳しい顧客を引き寄せているのか、同僚にアンケートを取ってみることにしたのです。私の友人や同僚の間では、1本の弓を売るのに、10本くらいは試奏して断られているようです。

だから、顧客に素敵なゴールドのヒルを見せた翌日に電話がかかってきて、その弓が完全にヒットしたことを知らされ、資金はすでに私の口座に入っているはずだと言われたのは嬉しい驚きでした。私は、ほぼ完璧な状態で、適切な時代の、素晴らしい演奏をする弓を紹介できたことを自画自賛しました。この数年で、ようやくコツをつかんだような気がする!

1週間後、また電話がかかってきて、今度は弓を返品することになったので、お金を返してほしいとのことでした。
もちろんです、 と同意した。 弓の何が問題だと思われますか?
あ、私のリハを全部やってくれる○○さんに見せたら、指摘されましたw.
Wですか?なんだそれ?
ヘッドの後ろに小さなWの焼き印がある。XXXによると、これは「弱い」という意味だそうで、30年代にヒルズが木目が間違った方向にセットされた弓をたくさん作ったらしい。30年代にヒルズが作った弓は、木目が間違ってセットされているものが多くて、みんな壊れてしまったので、回収してピン止めにしたそうです。これは本当に私が探していた投資用グレードの弓ではありません...。

さて、売れなくなったバイオリンディーラーほど、地獄の怒りはない。私がクライアントに見せた弓はヘッドブレイクがなく、UVトーチで調べた結果、完璧な状態であることがわかりました。私は、その場で、Wというのはナンセンスだと判断しました。私はXXXのことを聞いたことがありませんでしたが、それはきっと意見倒れの詐欺師に違いなく、Wボウのことも、ヒルズのリコールのことも聞いたことがありませんでした。ヒルの弓で、ヘッドにオリジナルのピンが付いていたことは、おぼろげながら覚えていますが、これはヒルズが試したベルトとブレースの技術革新だと思いました。ヒルの工房は、弓を作るための技術工房のようなものだと思っていたので、この情報は、初期のフランスの弓のヘッドに見られるオリジナルのスプラインのように、商業的には重要でないものとして、しまっておいたのです。

しかし、その弓を手に取ってみると、確かに、肉眼ではほとんど見えないが、ヘッド後部のフェースプレートのすぐ上に小さなWが刻印されていた。そして、店に戻り、ヒルの弓を調べてみると、またまた「W」があり、愕然とした。

WE Hill and Sonsの弓製作者

しかし、どちらもヘッドが折れることはなく、100年近く経った今でも全く問題ない。どちらの弓も、木目がヘッドを横切るよりも下に走っていることは考えられるが、そこに大きな問題があったのだろうか?弓職人たちは、どの木目の方向が弓のスティックに良いバネを与えるかについて定期的に議論し、意見が分かれています。フランスの偉大なメーカーの中には、スラブカットのブランクで非常に成功した弓を作った人もいます。

スラブカットヘッドとクォーターソーンヘッドの比較
WE Hill and Sonsの弓製作者

スラブカットされたブランクはヘッドが剪断される傾向があり、そのため隠しピンが有効であるという仮定は、木の繊維が年輪の方向に沿って分離しにくく、ログの半径に沿って分離しにくいという前提に基づいてる。そして、木材が半径に沿って裂ける自然な傾向(上の図では点線で示されています)があるため、弓製作者は、その弱点となる線を、幅の狭いヘッドを横切るのではなく、下方向に向ける必要があります。

しかし、実際にそうなのでしょうか?木材はある向きと別の向きで強くなるのでしょうか?

この質問には簡単に答えることができました。ヴァイオリンや弓に携わる前は、キャビネットメーカーや大工として、宝石箱から大きな家の増築まで、さまざまな大きさの木製品を作る仕事をしていましたが、すべてスコットランドの国境にある自宅周辺の団地から入手した木を使っていました。風で飛ばされた木や伐採が必要な木は、移動式製材機でその場で加工しました。枝木や低級なものはすべて薪に変え、私は毎年冬の間、丸太を割って過ごしていました。木材の割れる性質を熟知しているといっても過言ではありません。

ほとんどの樹種で、丸太の半径方向と横方向では、割れやすさにわずかな違いがあります。斧は丸太の直径に沿うように使うか、直径に沿うように使うか、その方が効率的に作業ができるからです。また、薪がきれいに割れるので、気持ちのいいものです。乾燥した木は、繊維が硬化して融合しているため、一般に割るのが難しくなりますが、半径に沿って割るのはかなり簡単なようです。しかし、これは丸太の場合、乾燥の過程で木材にチェックやスプリット(割れ目)ができ、それが半径に沿うようになるからです。木材は含水率に応じて膨張・収縮し、その速度は成長輪に沿ったものと半径に沿ったものの約2倍となるのです。

差動収縮率
WE Hill and Sonsの弓製作者

この図において、Aは丸太の年輪に沿って進む線、Bはそれに直角に進む線を表しています。木材の伸縮は、A軸がB軸の2倍であることが目安です。

木材の水分が最も変化し、その結果動きが大きくなるのは、「グリーン」つまり生きた木材から、周囲の空気と同じ含水率を持つ乾燥木材になる最初のシーズニングの時であることは明らかです。しかし、丸太のままでは、B軸方向に大きな裂け目ができてしまいます。

でも、ヒルズの話に戻ると...。
自分の弓を否定された憤りは、強迫観念に変わりつつあった。そこで、不公平感に悩む誰もがそうであるように、私は自分の根拠のない信念を裏付けるために、インターネットに向かいました。例えば、Violinist.comのディスカッションでは、オリジナルのピンを持つヒルの弓について、驚くほど多くの議論がなされていました:

"ヒルズには面白い話がある。かつて、木目の方向が違う(四分一ではなく横にスラブしている)弓を何本も使い切った。それを補強するために、手に入るものすべてをピンで固定した。その後、壊れたのはピンのあるものだけだった。"

あるいは、Tim InglesによるBill Watsonに関する記事 :

初めて会ったときから、BillはHillの弓について熱心に話し、自分の知識を共有しようとしました。彼は私にメーカーマークについて教えてくれました。弓に日付印を押すようになったこと、「間違ってカット」されてその後ピン止めされた弓のヘッドの後ろにある逆W字、1920年代のハンドルデザインの変化など。

いくつかのディーラーのウェブサイトには参考文献がありましたが(このW弓の価格を低く設定したディーラーもあれば、そうでないディーラーもありました)、どれも矛盾した情報でした。このピン止め弓は折れたのか折れなかったのか、弓はどうやってリコールされたのか、Wとは本当に「弱い」のか。同じような非論理的な話がいろいろなところで出てくるので、何かソースがあるのではと思ったのですが...。

最も光を当ててくれたのは、デレク・ウィルソンだった。の共著者である ザ・ヒル・ボウ・メイカーズ 1978年から1985年までヒルズ社に勤務していた、最後の世代のヒルメーカーの一人である彼の言葉は、まさに正鵠を射ていると言えるでしょう。彼は、ビル・ワトソンともこの弓について議論したことがあることがわかった:

このことについては、私の本のフランク・ネイピアの伝記に少し書きました。Bill Watsonは、この弓をピンで固定したのは間違いであり、弓の価値を大きく下げたと述べています。

もちろん、ピンが付いていない方が良いのですが、この40年間で折れたのは2、3本しか見ていないので、ピンがうまく機能していたか、必要なかったかのどちらかだと思います。

ビルの時代に弱かった弓が壊れて、その分今は問題のない弓が残っている可能性があるので、ビルの視点が違うのは当然だと思います。私個人としては、最小限の切り下げしかしませんが...。

w」が弱いという意味や、「リコール」されたという話は聞いたことがないような気がします。.

デレクのフランク・ネーピアの伝記は、その姿をさらに鮮明にしている。より ザ・ヒル・ボウ・メイカーズを、31ページで紹介しています:

ネイピアは原材料の効率的な利用にも努め、板材をシンプルに積み重ねた「オン・ザ・スラブ」で切断すれば、1本の丸太からより多くのスティックを切り出すことができると計算しました。従来は年輪が頭の上を横切るように「四つ切り」していたが、これでは丸太1本あたりの棒の本数が少なくなる。1920年代、ヒルズでは、その結果が正しく評価される前に、多くのスティックが「スラブカット」された。ヘッドが折れたまま店に戻ってくる弓も出てきた。これ以上の失敗を防ぐため、工房の責任者はヒル兄弟の同意を得て、ヘッド修理を固定するための強化木ダボを導入した。これらの弓には、ヘッドの裏に "W "のマークが付けられていた(通常、ハンドルのマッチマークと日付印の横にもパンチングドットが付けられていた)。また、真鍮製のダボが挿入されているものもあり、「N」と記されていました。レトフォードとブルティテュードはこの「建具職人の解決策」を不服としたが、ダボ付きの弓に故障はほとんど見られなかったので、効果はあったようだ。フランスの弓製作者たちは、このような弱点がない「四つ切り」の木材をほぼ常に使用していたことが指摘されると、スラブカットのシステムは放棄されました。

さらに、ビル・ワトソンの見解では、スラブカットの弓にダボを取り付ける習慣は1930年代まで続いていたことを明らかにする脚注があります。下の画像は、"W "ボウのハンドルに1931年の日付スタンプと、ボウにダボを付けたことを示すドットまたはアウルマークがあることから、それを裏付けている。

WE Hill and Sonsの弓製作者

こちらは1920年代の "W "ボウで、早すぎて日付の刻印はありませんが、はっきりとしたアウルマークがあります。

WE Hill and Sonsの弓製作者

つまり、「W」は木製のダボを示し、おそらくヘッドのほぞからヘッドに挿入され、スティックの上部の手前で止まったと思われる。このダボは、折れた弓の修理ではなく、折れるかもしれない弓の補強の役割を果たすものであった。このダボの有用性は当時から議論されていたが、今でも証明されていない。90年経った今となっては、欠陥と見ることもできるし、歴史的な興味深い特徴と見ることもできる。

ある弓が、ピンのない弓より、ピンのある弓の方が良かったかどうかは、確かなことは言えません。また、壊れていない弓が壊れることはない、少なくとも他の弓より壊れる可能性がないことは明らかであるように思います。

私には、デレクの話は、主に工房の政治的な話に思えた。フランク・ネイピアは、工業的な考え方と効率性を重視し、ペルナンブコの丸太を柾目取りすることに疑問を持ち、平目取りすることにしたのでしょう。

真のクォーターソーイングとパーシャルクォーターソーイングの違いについて詳しく説明することなく、ここでは最もシンプルな2つのメソッドを図解します。

クォーターソーンとプレーンソーンの比較
WE Hill and Sonsの弓製作者

この図から、丸太を規則正しく切り倒すプレーンソーの方がはるかに簡単で、幅の広い板ができ、厄介なくさび形の破片が残らないので、利用できる木材を最大限に活用できることがわかります。しかし、木の外側から切り出した板は、年輪が板の幅を2等分するのではなく、幅方向に沿っているものが多いのです。柾目は繊細で、幅の狭い板や規格の合わない板ができ、一定の無駄が生じます。少なくとも、時間と無駄の比率は考慮しなければなりません。

ネイピアは間違いなくこの計算を行い、ヘンリー・フォード式の生産ラインから見れば、クォーターソーは非効率だと判断したのだろう。

ヒルのショップは気難しい場所であり、工房長とメーカーとの関係はしばしば緊張していたことが分かっています。工房長がネピアの空想的な新しいアイデアに異を唱え、故障や返品を警戒し、弓と同様に工房の階層を強化するベルト&ブレースの手順を主張したことは容易に想像がつきます。

余談ですが、「リコール」神話は、このスラブカット弓の一部がヘッド破損で返品されたという事実に対する誤解のようです。1920年代にヒルズがリコールを実施したとは考えにくいし、当時は安価なアクセサリーであったため、リコールが必要だと思われたとも思えない。

憤慨していたある時期(かなり長く続いた)、同じくヒル "W "ボウを持っていた同僚から、リチャード・サドラーの本を紹介されました。 アーサー・ブルティテュードとヒル・トラディション.これを読んで、著者が意図した理由ではないにせよ、啓示を受けた!

アーサー・ブルティテュードが弓の製作を始めたのは、ウィリアム・C・レトフォードが1920年代半ばにヒル・ボウ・ショップを困惑させていた深刻な問題に対する最初の洞察を得たときと重なる。ヘッドは明白な理由もなくヒルの弓から「脱落」し、不良品として返品されていたのです。母国フランスでの休暇から帰国したシャルル・フランソワ・ランゴネが語った「木材の切り方が間違っている」という不可解な言葉も、無表情な視線で受け止められ、ヒルの誰もこの事態を理解できなかった。

その問題を突き止めるべく、ウィリアム・C:レトフォードは、約2,000本の弓を調査するため、ブルティテュードを雇い、彼を支援した。ブルティテュードは、レトフォードと自分が、「ハンウェルに住む、はしごや手押し車を作っていた100歳くらいの少年」から、検討のきっかけをもらったと回想している!彼は前庭に座って、人々に話しかけていた。私が彼に会ったときは、もう働き盛りだったと思う...」。その会話の中で、この賢い老人はBultitudeに、梯子の木の段はいつも、強度を増すために「四つ切り」された木で作られていることを話した。

Bultitudeは、この会話をRetfordにきちんと伝えました。彼は、この会話から、Retfordがこの大規模な実技試験の期間を開始する際に、どこから手をつければいいのかのヒントが得られたかもしれないと、後で思ったのです。

その結果、一流の弓職人たちは本当に「オン・ザ・クォーター」カットした木材で弓を作っていたという結論に達しました。ヒルは1920年代の初めに、ペルナンブーコの丸太1本からこの方法で切り出された弓の棒を大幅に多く得られるという理由で、「スラブカット」された木材を使うことに切り替えたのです。

フランク・ネイピアは、「スラブカット」された木材で作られたスティックが最も強く、最も硬いと考えていたようです。しかし、レトフォードとブルティテュードが行った研究により、ヒルの弓は以後、「四つ切り」の木材だけで作られるようになり、厄介な問題が解決されたのです。

この記述から最も不思議なことは、当時のヒルのショップでは、誰も木の性質について何も知らなかったということです。柾目の梯子脚」という概念ほど、このことを端的に表しているものはありません。なぜなら、梯子脚はもちろん円筒形であり、柾目とスラブカットの両方が定義されているからです。RetfordとBultitudeが、Hanwellの老人に頼って、中途半端で超現実的な方法で、木の性質を説明することは、ほとんど信じられないことです。50年後、リチャード・サドラーと話すとき、ブルティテュードがこれほどまでに気安く彼の無知を暴露するとは...まるでエリック・ニュービーがヒマラヤのデスゾーンをツイードのジャケットと鹿撃ち帽で登っているような感じです。

また、ヴァイオリン職人の家系に生まれたランゴネットが、弓部門の同僚を軽視しているように見えるのも、彼が木材についてある程度の理解を持っていたことを物語っています。ヒルの弓職人たちの経歴を見ると、この頃、工房には弓作りの見習いをした者がいないことがよくわかります。全員がケース製作や一般的なドッグボディーの見習い出身で、大工の技術を持っている人はほとんどいなかった。ヨーマンはヒルのケース製造工場から、ウィリアム・ネイピアはブロードウッドピアノの梱包ケースを作っていた、ウィリアム・C・レトフォードは基本的な接合技術を持つ田舎者、ジョンストンはピアノ職人...。

いわば、材料をよく理解しないまま、工業的な原理で弓作りを再興していたのです。また、歴史的な弓の作り方についての理解も浅く、こうしたデザインの失敗から、RetfordとBultitudeは、まるで初めて見るかのように、フランスの弓に目を向けるという素晴らしいアイデアを思いつきました。

そこで、ピエール・ギヨーム氏に、ペルナンブーコのスラブカットとクォーターカットの違いについて聞いてみました。ピエールはミレコートで修行し、トゥルテ以来の伝統を受け継ぎ、その代表者でもある。ピエールは、四つ切りは理想的だが、どんなブランクでも、たとえスラブでカットされたものでも使用すると説明した。弓を作る前に、頭を強くひねることで、その強さを確認します。ヘッドが折れればスティックをゴミ箱に入れ、折れなければ弓を作る。そして、作業を始める前に頭が折れなければ、後で折れることはない。

この非常に現実的なアプローチによって、ヒルズは大きな悲しみを避けることができたはずです。

私の持論ですが、スラブカットの弓は、木材に未検出の乾燥チェックがある場合にのみ、危なくなると考えています。ヘッドのすぐ下の部分は傷つきやすく、演奏の過程でかなりのねじれ力が加わります。繊維に異常があれば、すでに不安定な構造を弱めることになります。しかし、そのような欠点がなければ、スラブカットの弓は柾目の弓と同じ強度を持つはずです。また、ピンやダボを使っても、何ら変わりはありません。

つまり、"W "の弓のケースは、ヒルの弓に関するより大きな真実を明らかにしているのです。ジェームズ・タブス以降、ヒルに関係する製作者で、伝統的な弓製作者と接触していたのは、エミール・バザンから多くを学んだと思われるサム・アレンだけです。しかし、それ以降、手先の器用な聡明な若者や意欲的な若者が続々と弓のリバースエンジニアリングを任されるようになったのです!最も注目すべき点は、木材の特性に関して、彼らが驚くほど無知であったにもかかわらず、いかにうまくいったかということである。

ヒルの店の弓作りのやり方は、フランスの製作者が受けた伝統的な徒弟制度のようなものからはかけ離れているように思えます。また、徒弟制度で代々受け継がれてきたような、確立された規範や慣行も、明らかに彼らの手から逃れました。しかし、製造工程や品質管理には新たな厳しさがあり、それがヒルの弓がこれほどまでに成功を収めた理由です。ヒルのスティックが反ったり、巻きが悪くなったりすることはほとんどなく、マウントがバラバラになることもなく、ヒルの弓の重量とバランスは常に最適である傾向がある。

ある意味、これらの "W "ボウは、他の優れたシステムの開発における必然的かつ短期間の不具合だったのです。しかし、戦時中のヒル・ショップや20世紀のイングリッシュ・ボウの歴史と進化について、多くのことを教えてくれることがわかりました。私にとっては、他の弓と同様にヒルの弓であり、2020年代になってもそのままであれば、価値を下げたり、低く評価したりする理由はないと思っています。

WE Hill and Sonsの弓製作者

記事:マーティン・スワン、2023年1月


Photo Index: WE Hill & Sons