Pierre Simon Cello Bow, Paris circa 1860

Pierre Simon Cello Bow, Paris circa 1860

ピエール・シモンは19世紀半ばの偉大な弓製作者の一人で、ドミニク・ペカットやジョセフ・アンリと密接な関係を持ちながら、彼独自の手法で製作を行っています。シモンの弓は、その堅牢さと機敏さを併せ持つことから、所有者の間でかなり狂信的な信仰を集めています。
もっと詳しく...

アウグスト・ラウ ヴァイオリン弓 1910年頃マルクノイキルヒェン

August Rau Violin Bow, Markneukirchen circa 1920

アウグスト・ラウ(1866-1951)は、ドイツの弓の歴史において重要なメーカーです。この弓は、彼の弓の中でもより質の高いもので、状態は非常に良く、音は大きく、暖かく、フルーティーなものである。
もっと詳しく...

Eugene Sartory Violin Bow, Paris circa 1910

Eugene Sartory Violin Bow, Paris circa 1910

音楽家にとって素晴らしいサルトリーのヴァイオリン弓がここにあります。最高の時代に作られたトップ・プレイイング・スティックに、後年のサルトリーのフロッグと交換されたボタンが付いています。
もっと詳しく...

Joseph Lété Violin, Nantes 1832

Joseph Lété Violin, Nantes 1832

JBヴィヨームが師事したとされるフランスの製作家ジョセフ・レテの上質で希少なヴァイオリン。非常に大胆な外観で、均一で暖かくフルーティーな音を奏でる。
もっと詳しく...

Josef Ružička Violin, Opava 1935

Josef Ružička Violin, Opava 1935

このヴァイオリンは1935年にJosef Ružičkaによって製作された非常に素晴らしいもので、モデルは美しく、ニスは傑出しており、音も大きく、大胆で輝かしい。
もっと詳しく...

Karel Pilař Violin, Hradec Králové 1928

Karel Pilař Violin, Hradec Králové 1928

カレル・ピラージュは、チェコの重要なヴァイオリン製作者一族の中で最も尊敬されているメンバーであり、ここでは彼の初期の作品の美しい例が、ほぼ完璧な状態で入手できる。
もっと詳しく...

ジェイムズ・タブス ヴァイオリン弓、ロンドン 1860年

James Tubbs Violin Bow, London circa 1860

1860年頃、ロンドンのヴァイオリン製作者WE Hillのために製作された非常に素晴らしい初期のジェームス・タブス。素晴らしいコンディションで、大きく輝かしい音を奏でる力強いスティックです。
もっと詳しく...

JA Lamy Violin Bow, Paris circa 1900

JA Lamy Violin Bow, Paris circa 1900

JAラミーの美しいヴァイオリン弓がオリジナル・コンディションで入荷しました。ポリッシュされていないシルバー、オリジナルのティンセル・ラッピング、サムレザー、アイボリーのフェース。作られたその日のように新鮮で、重厚な響きを持つ力強いスティックです。
もっと詳しく...

Victor Fetique Violin Bow, Paris 1924

Victor Fetique Violin Bow, Paris 1924

これは1924年のロンドン万国博覧会のために製作された、美しく保存されたビクター・フェティックのヴァイオリン弓です。この製作者の技巧の最高の例であり、非常に収集価値の高いものですが、素晴らしい奏者の弓でもあります。
もっと詳しく...

JB Dvorak Violin, Prague circa 1880

JB Dvorak Violin, Prague circa 1880

ヤン・バプティスタ・ドヴォルザークは19世紀後半のプラハで最も尊敬された製作家の一人で、今回は1880年代に製作された彼の非常に典型的なヴァイオリンをご紹介します。非常に良いコンディションで、大きくフルーティーな音色を持つ。
もっと詳しく...

Vladimir Pilar Violin, Hradec Kralove 1967

Vladimir Pilar Violin, Hradec Kralove 1967

ウラジミール・ピラールはチェコの偉大なヴァイオリン製作者一族の一人に属し、その一族のメンバーは現在も活躍しています。これは彼の最高傑作の非常に優れた例で、ほぼミントコンディションで、とてつもなくソリスティックなサウンドを持っています。
もっと詳しく...

Louis Gillet Cello Bow, Mirecourt circa 1940

Louis Gillet Cello Bow, Mirecourt circa 1940

ルイ・ジレの特別なチェロ弓で、ほぼミントの状態です。中褐色のペルナンブコの八角形のスティックに、鮮やかなランダムフィギュアが施され、銀と黒檀のマウントがあります。
もっと詳しく...

JA Lamy Violin Bow, Paris circa 1895

JA Lamy Violin Bow, Paris circa 1895

JAラミーの弓は、フランスの弓作りを最も洗練された形で表現しているためか、実に多くのファンがいます。この弓は、ラミーにしては丈夫で、現代的なテクニックに適しています。
もっと詳しく...

Eugene Sartory Violin Bow, Paris circa 1910

Eugene Sartory Violin Bow, Paris circa 1910

サートリーの弓は、その信頼性と出来栄えの良さで、誰もが賞賛するところです。この弓は、サートリーの最高傑作とされる初期のもので、コンディションは非常に良く、素晴らしいプレイヤーです。
もっと詳しく...