26 2013年3月

からです: ワトソン・アート・ジャーナル 1867年8月3日号

パガニーニの靴ヴァイオリン。パリの フィガロ は、音楽界で最も奇妙なヴァイオリンの1つを販売することを発表します。「Il fanatici per la musica "は、ヴィヴィエンヌ通り9番で、一見すると形の悪い木靴のようなパガンニのヴァイオリンを見つけるでしょう。 その経緯は興味深い。 1893年の冬、パガンニが住んでいたのは、閑静な住宅街の中にあった。 メゾン・ド・サンテレ・ネオテルムという名の、ヴィクトリー通り48番地。 ノルマンディー地方の勤勉家が大きな箱を持ってきたので開けてみると、2つの内箱と、数枚のティッシュペーパーで丁寧に包まれた木靴と、作家が彼の天才をよく聞いていたので、その証としてこのサボで作った楽器で人前で演奏することを請うという内容の手紙が入っていた。 パガニーニはこれを不謹慎な風刺と感じ、友人のバリデ騎士団に迷惑そうにこの話をした。 バリド修道士はこのサボをヴァイオリン職人のところに持って行き、驚くべき工夫で楽器に改造してしまった。 シュヴァリエは、パガニーニにこのサボを試奏させることを強く勧めた。 この事実は、偉大な音楽家の筆跡で、現在ヴィヴィアンヌ通りで販売されているサボ・バイオリンに貼られている紙に記録されています。